鉄道網が発達している大阪は、JRや市営地下鉄をはじめとしたアクセス環境が整備されています。特に、地下鉄の鉄道網が強く、主要な観光スポットはほとんど地下鉄でアクセス可能です。地下鉄だけで大阪市内は南北4路線、東西3路線が開通しています。2018年からは民営化の予定ですが、大阪には欠かせない交通手段です。

大阪空港駅から門真市駅まで走る大阪モノレールも、大阪観光を支える有効な交通手段です。基本構想である環状線に基づき、大阪を中心に府内を運行しています。高速で移動できるため、都市中央部を経由せず、大阪国際空港から南茨木駅まで短時間で行けるという移動手段になりました。

では、大阪まで行く方法はどうでしょうか。仮に東京から大阪へ旅行する場合、新幹線が最も快適な手段です。価格は片道13,240円ですが、わずか2時間半でアクセスできます。高速バスの場合、4列シートなら4,000円台からありますが、特に渋滞に巻き込まれなくても8時間ほどかかる見込みです。飛行機の場合、成田空港からは1時間で到着するうえ、LCCなら4,000円前後で大阪に着きます。

大阪市内では地下鉄、大阪府全体では大阪モノレールを活用するのが、交通手段の賢い利用方法です。また大阪府に行く場合、予算と時間を考えて交通手段を選択するとよいでしょう。

Published by 管理人